スーパーマーケットや露天で売られている、黄色の滑らかな肌の美しいマンゴー。とても美味しそうですネ。
 
一方、針の先ほどのサイズの点々が表皮一面に出た〃そばかす〃の入ったようなマンゴーもあります。新鮮さに欠けて、いまいち美味しそうではありません・・・
 
この〃そばかす〃一体、なんなんでしょう?
 
実はこの〃そばかす〃、シュガースポット(砂糖の点)と呼ばれ、甘いマンゴーの証なんです。
 
マンゴーの甘みの正体はデンプン。成長過程でどれぐらいデンプンを実の中に貯めることができたかにより甘み=糖度が変わってきます。
 
実の中にしっかりデンプンを貯めたことで表皮がはちきれんばかりの状態になったマンゴーは、表皮にある孔が開いてしまいます。そして、そこが黒ずんでしまうことでシュガースポットとなります。ということは、実の中は甘さではちきれそうな状態なんですね。非常にポテンシャルの高いマンゴーということです。
 
(だからと言って、黄色の滑らかな肌の美しいマンゴーが不味いというワケではありません。十分甘いものもありますヨ。)

RSSATOM